インデックスされてる?あなたが書いたブログ記事は一生誰にも読まれないかも

ブログ運営
Free-Photos / Pixabay

兼業ブロガーを目指す私がここ数日、わからないなりにゴリゴリ書いてきた記事を読み返していてふと思ったのですが、

『この記事本当に一般の人に読んでもらえるの?てか、ネット検索してヒットするのかい?』

正直なところどうやって検索すれば自分の記事がでてくるのかわかりません。先日書いた記事のタイトルをGoogleで検索しても全然でてきません。ひょっとして時間を惜しんで書いてきたものはただの日記でしかなかったのか・・。

というわけで調べました。

結論から言うと大丈夫でした。

コツコツ努力して書いたものはキチンと着実にブログ記事として検索されるリストとして加えられていました。いわゆるインデックスされている状態です。

ただし、それは私がブログ開始時に本で読んだ通りのマニュアルを実行していたから仕組みが理解できていなくてもちゃんとインデックスされていたのです。

もしご自身の記事を不安に思われる場合は下の内容をご確認下さい。

Googleへ記事を書いたことを自動的にお知らせしてくれるプラグイン

このブログ記事はWordPressで書いいます。WordPressには「プラグイン」という機能拡張するために追加できるプログラムがたくさん用意されています。

私もよく理解できてないのですが、スマホでいうアプリのようなものでしょうか。

そのプラグインを使うと簡単かつ自動的に書いた記事をGoogleへ通知してくれるのです。

そもそもなぜGoogleへ通知しないといけないのか?

話がそれますが、ブログ記事を書くのはなぜですか?ネットを通した向こう側に読者がいて、その読者に自分の考えや表現したい内容をコンテンツにして読んでもらいたいからですよね?

読者の大半は記事のことを知らないし、書いた人も知りません。

どうやって自分のことを知らない読者が私が書いた記事にたどり着くのかというと他ならぬ“検索エンジン”を通してやってくるのです。

ネットで検索するときに日本ではGoogleとYahoo!がほぼ大半を占めており、Yahoo!の検索エンジンとGoogleの検索エンジンは同じシステムなのです。

GoogleのシステムをYahoo!が使っているようです。ですので、Googleで検索にヒットしない記事は日本ではほぼお目にかかることができないのです。というわけでGoogleへ記事を書いたことをお知らせしてインデックスしてもらうことが重要となるわけです。

それでは話を戻してGoogleへ記事を書いたことを自動的にお知らせしてくれるプラグインについてですが、下にご紹介する2つをインストールして有効化しておくだけで十分です。

1.Google XML Sitemaps

2.PubSubHubbub

Google XML Sitemapsは新しい記事を公開した時に自動的にサイトマップを作成・更新してくれるプラグインです。

PubSubHubbubは記事を公開した時に瞬時にGoogleへ知らせてくれます。

Word Pressでのプラグイン設置方法はダッシュボードのプラグイン→新規追加→キーワードで”Google XML Sitemaps”とプラグイン名を入力する→検索ででてきたプラグインを選択し”今すぐインストール”をクリックしインストール→インストール後「有効化」すればOK

自分の記事がインデックスされているか調べる方法

では実際に自分の記事がインデックスされているかを確認する方法をご紹介します。普段お使いの検索エンジンでサイト記事のアドレスの前に「site:」と入れて検索してみてください。

サイトが表示されればインデックス化済みなのでOKとなります。

最後に

いかがでしたでしょうか。大半の方には常識なのだろうと思いつつ、私のような駆け出しブロガーにとっては、よく理解できていない内容でしたのでしたので、少なからず同じような初心者の方のご参考になれば幸いです。

コメント