サラリーマンが1万円でFX投資!2ヵ月経過の進捗公開します

サラリーマンとお金

サラリーマンが本業以外でお金を得る方法を試しています。

その中のひとつがFXです。

開始から2ヵ月がたったので経過を公開したいと思います。サラリーマンのなので平日は本業に全力を尽くしていますので、基本的に昼間はチャートは気にしないで済むよう自動で決済するオーダーをしています。

マイルールは下の表となります。

 

私の投資内容①元手は10,000円

②FXのドル円で取引

③基本デイトレ(翌日に持ちこさない)

④ポジション持つと同時にOCOを入れておく

⑤値動が大きい経済指標発表時などはポジションをとらない

開始から2ヵ月たったFX1万円投資進捗

2ヵ月で資産が127.2%増となりました。

額でいうと2,742円です。

この記事を書いている3月8日現在では、コロナウイルスの影響で世界の経済悪化が懸念されていることと、アメリカの利下げが影響してかなり円高というかドル安となっています。

円高か円安に一方方向に動いてくれると利益が出やすいですね。いかんせんサラリーマンなので細かい経済事情を分析したり、チャートを細かくみたりする時間はないので基本的に日足チャートか4時間足くらいの動きをみて売り買いを決めています。

ドル円相場振り返りと検証


チャートを振り返ってみると年明けから2月2日まではレンジ相場で、2月3日から2月20日までが円安相場、2月21日から3月6日現在までが円高相場というわかりやす展開となっています。

アメリカの利下げの影響がかなりあるのでは・・
とか理屈をコネだすと負けるのでやめときます

今後の展開について

というわけで、FXで今のところプラスがでていますが、これは少額の取引で心理的な揺さぶりがないことと、損切・利益確定の注文を前もって入れている(OCO)ことによるものと分析しています。

FXは9割が負けるといわれています。FXは上がるか下がるかの2択なので勝率は50%なはずなのになと不思議でしたが、結局心理戦なのです。自分のお金が数秒で100万円無くなったら冷静な判断ができません。このチャートの動き方だと1時間後に戻るとわかっていても損切してしまいます。

だから私は自動で決済されるよう注文を入れて極力チャートは見ないようにしました。

アメリカの雇用統計がどうのとかいうファンダメンタルは気にしないようにというか全て網羅できませんし、私のような普通のサラリーマンが知りうる情報は誰でも知っているので使いものにならないことも知っています。

私が取引をする上で信用しているのはチャートだけです。チャートの動きだけでなんとなくポジションをもってなんとなく決済するだけです。

今後しばらく続けていき、進捗も都度ご報告していくので興味のある方はみにきて下さいね。

コメント